Ippinkan Corporation Musical Instruments Diuision
 

トップ > KLŌS

KLŌS

KLŌS GUITARの始まり

2014年冬のとある日、創設者のAdam Klosowiakは、当時住んでいた大学寮のベッドルームの窓を閉めるのを忘れたまま寮を出て冬休みを過ごしてしまいました。そして冬休みが終わり、学校が始まる前に部屋に戻ったAdamは、部屋に置いてあったトラベルギターのブリッジからトップ板の端までヒビが入っていることに気がつきました。原因は寒い気温と極度に乾燥した冬の空気です。そしてそのギターの音が元に戻ることはありませんでした。Adamの弟であるIanは、その話を聞いた時、解決策を思いついたのでした。

KLŌS GUITARの誕生

当時Ianはギターを弾くことだけでなく、様々な素材を組み合わせて、新しい材料を作り出す豊富な経験も兼ね備えていました。Ianは大学の授業の一環として革新的な材料の開発に取り組むとともに、Adamが直面したギターの耐久性の問題を解決するべく、ギターの製作に取り掛かる時にI注目したのが、カーボンファイバーでした。そしてこの時に作成したギターが後にKLŌS GUITARの最初の1本となります。初めて作ったKLŌS GUITARは、一般的なギターと比べてるとまだまだ粗い仕上がりでしたが、幾度に渡る試行錯誤の末、今の形に辿り着きました。そして最終的に完成したギターは、従来のギターのように環境によってコンディションが左右されることのない耐久性を誇り、カーボンファイバーとは思えないほど芳醇なサウンドを奏で、家やスタジオで弾くことだけにとどまらず、旅をしながらギターを弾く楽しむことを可能にした、革新的なものに仕上がりました。
KLŌS Guitarsは少数で始まったチームですが、この革新的なプロジェクトは大手クラウドファンディングにて多くの賛同を獲得し、今この瞬間も著しい成長を遂げています。



KLŌS Guitarsのこただわり

KLŌS Guitarsが楽器をデザイン、そして製作するにあたり、常に心掛けていることがあります。
それは素晴らしい音を奏でる最高の楽器を、コンディションに対して常に気を配ったり、頻繁なメンテナンスを必要とせず、尚且つ手ごろな価格でエンドユーザーの皆様にお届けすることです。 そして、我々は耐久性のみを追求するわけではなく、どうすればギターとしてより魅力的なサウンドになるのかということを日々追求しています。KLŌS Guitarsでは、いくつかのギターのコンポーネントやパーツに関して、各分野のエキスパートにアウトソーシングしています。それはアメリカ国内のみならず、アジアやブラジルにまで及びます。
こうすることによって、本社のあるファクトリーではその大半を今後の製品開発や、さらなる音質改善を行うためのスペースとして最大限活用できているのです。

““klosimage””

KLŌS Guitarsの誇り

KLŌS Guitarsのギタービルダーや品質管理者は皆ギタリストであり、自らの手でギターを作り上げていることに誇りを持っています。そして何よりも、KLŌS Guitarsは、この雄大なロッキーマウンテンがそびえ立つこのアメリカ ユタ州で、探求心と創造性に溢れたこの最高品質の楽器を製造していることに誇りを持っています。

商品のラインナップ、ページ等は随時更新してまいります。