Ippinkan Corporation Musical Instruments Diuision
 

トップ > o3

o3

o3Guitarsとは

o3Guitarsは、スペインのルシアー Alejandro Ramirezが2005年に立ち上げたハンドメイドギター&ベースブランドです。
ヨーロッパの個人製作家のギターが注目される昨今、伝統的なスパニッシュギターの製作で培われた確かな技術と、人間工学に基づいたモダンシェイプをまとったo3Guitarsは、まさにハイエンドギターの名にふさわしい仕上がりであり、ネックを握った瞬間からその魅力と高いプレイヤビリティを感じ取ることができます。
サステイン豊かなクリーントーンはどこまでも艶やかで太く、真のあるドライブサンドはジャンルを問わず、プレイヤーのニーズを満たしてくれるでしょう。また、ギターやベースにとって最適な木材やパーツの選定から、塗装、アセンブリーまで、全てAlejandroの手によって行われるため、年間に製作されるギター総数は極めて少ないものの、その1本1本丹精に作り上げられたギターは唯一無二のサウンドを奏でます。

o3Guitarsの由来

【o3】の名は、オゾン=Ozoneに由来し、Ozoneは3つの酸素原子(Oxygen)が結合してできた物質であることから、この頭文字をとって【o3】となりました。また、Alejandroは3本の【Oxygen】というモデルのギターを、自身のブランドのフラッグシップとして作り上げました。
以後、o3 Gutiarsのモデル名には、全て元素記号が用いられています(例 : Hydrogen, Xenon, Radon, etc.)。

Alejandro Ramirezの生い立ち


Alejandro Ramirez
15歳の時、Alejandroは初めてエレキギターを買い、その日は1日中そのギターを弾き続けました。しかし、翌日にはそのギターをバラし、自ら構造を調べ、そのギターにカスタマイズを施していました。その頃からAlejandroはギターを弾くことよりも、バラしては組み上げることに興味がありました。その後、大人になったAlejandroはギタービルダーとしての腕を磨きつつ、トラディショナルなスパニッシュギターの製法を学びながら、ビジネスマンとして知識を養いました。 その後、2005年に自身のブランド【o3Guitars】のフラッグシップモデルを完成させました。 そしてベルリンのTHE HOLY GRAIL GUITAR SHOW、フランクフルトのMusikmesse、LAのNAMM Showなど、名だたる楽器の展示会に参加し、世界中の名だたる名匠と肩を並べて称されるルシアーとなりました。


Hydrogen

現在のo3Guitarsの代表的なモデルのひとつであり、ハイエンドギターブランドとして称されてるきっかけとなったモデル。
人間工学に基づいてデザインされたそのボデイシェイプは、ギターを抱えた瞬間から優れた唯一無二のプライヤビリティを感じ取ることができるでしょう。また、1本1本オーダーごとに異なるスペックのギターのネックからボディ全体まで、ギターの【鳴り】を最大限に引き出し、数々のギタリストのニーズに答え続けてきた技術が詰め込まれたこのHydrogenは、新たなハイエンドギターの歴史に名を連ねます。
※ピックアップや使用木材などはカスタムすることが可能。詳しくは最寄りの販売店へ。

“hydrogen1”   “hydrogen2”

“hyfrogen_7strings”   hydrogen_caribbean_blue_multiscale

hydrogen_fire_eats_yellow   hydrogen_walnut_top


商品のラインナップ、ページ等は随時更新してまいります。